◆…東北楽天の新人選手14人が17日、本拠地の仙台市のコボパ宮城で、球団職員約100人と清掃活動に取り組んだ。

 活躍の舞台となる球場をきれいにしながら、球団職員と親睦を深めようというのが狙い。スタンドの座席からトイレ、メリーゴーラウンドの乗り物まで、手分けして拭き上げた。

 即戦力と期待されるドラフト2位の池田隆英投手(創価大)は「裏方として働いている方と心を一つにする良い機会。応援してくれる方の座席をきれいにすることで、やるぞと力が入る」と丁寧に磨いていた。

...    
<記事全文を読む>