阪神・淡路大震災から22年の17日、オリックスの福良淳一監督らスタッフ、選手約80人が神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で黙とうした。球団は今季から活動拠点を大阪・舞洲に移転させるが、神戸での追悼行事継続については未定。震災当時、現役だった福良監督は「球団が決めることだが、やるなら毎年ここ(神戸)で続けたい」と語った。

 オリックスは震災が起きた95年にリーグ優勝、翌96年には日本一に輝いた。故仰木彬監督の下、「がんばろうKOBE」の合言葉で被災地に明るいニュースを届けた。

 2004年の球団合併後も2軍は神戸にホームを置いていたが、今春から選手寮などの施設は大阪に移る。毎年、神戸で...    
<記事全文を読む>