阪神・淡路大震災から22年の17日、プロ野球オリックス・バファローズの福良淳一監督や田口壮2軍監督らが神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で黙とうした。

 オリックスは震災が起きた1995年にリーグ優勝、翌96年には日本一に輝いた。「がんばろうKOBE」のスローガンの下、被災地に元気と勇気を届けた。

 この日は、球団職員のほか、自主トレーニング中の選手ら計80人がホームベース付近に並び、バックスクリーンの半旗に向かって目を閉じた。

...    
<記事全文を読む>