銀次内野手が16日、沖縄県内で自主トレーニングを公開した。昨季は打率2割7分4厘、43打点、2本塁打と4年ぶりに3割を切り、2軍落ちも経験する苦しいシーズンだった。選手会長2年目の好打者は「梨田(昌孝)監督を胴上げできるよう、若い力で引っ張っていきたい」とチームをまとめながら、優勝へ貢献することを誓う。

 昨季までは嶋基宏捕手のグループで自主トレをしていたが、「選手会長になったし、チームを引っ張っていかないといけない」と今年から“独立”。自ら声を掛けた茂木栄五郎内野手、足立祐一捕手ら後輩5人と共に打撃練習や砂浜でのランニングなど約4時間、体を動かした。

 筋肉を柔らかくするため、今オフから...    
<記事全文を読む>