プロ野球東北楽天の監督として2013年に創設9年目の球団を初の日本一に導き、現在は球団副会長を務める星野仙一さん(69)の野球殿堂入りが発表された16日、東日本大震災の被災地や親交のある東北の支援者から祝福の声が相次いだ。

 宮城県南三陸町では、地元有志が仮設商店街で試合のパブリックビューイングを実施するなど、球団を応援してきた。楽天イーグルス南三陸町応援協議会の小坂克己会長(59)は「13年の日本一は被災地にとって希望の星になった。今年こそ殿堂入りすると期待していた」と喜んだ。

 星野さんのおいが部員だった縁で付き合いがある東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督は「心待ちにしていたのでうれしい...    
<記事全文を読む>