将来のエース候補、ドラフト1位の藤平尚真(18)=神奈川・横浜高=が初めてブルペン投球を披露した。ゆったりとしたフォームから切れのある直球を中心に21球投げた。捕手のミットに吸い込まれた伸びやかな球筋に「しっかりしたボールだった」と好感触を得た。

 ここ数日、球団のトレーナーから調整法や筋力強化メニューに細かな専門的指導を受け、順調に体力づくりをしてきた。「ボールにもいい効果が出ている」と話す。

 ブルペンで投球練習は今後3度程度行い、2月のキャンプに備えるという。「直球、変化球の精度を高めていきたい」と先を見据えた。

...    
<記事全文を読む>