ドラ1左腕の堀が、宝刀スライダーを磨くことを宣言した。

 左のサイドスローから、キレのあるスライダーとMAX150キロの直球が最大の武器だ。昨年9月のU―18アジア選手権では先発こそなかったが、3試合に登板。9回2/3を1安打、18三振を奪う快投を披露。10月のいわて国体では自己最速の150キロをマークした。

 球種はスライダーの他にチェンジアップ、カットボールがあるが、スライダーに絶対的自信を持つ。「スライダーはどこにでも投げられる自信がある」と言い切った。

 コーナーに決まるスライダーと直球のコンビネーションで、十分に打者と勝負できる。U―18の大舞台でも「全然緊張しなかった」というマウ...    
<記事全文を読む>