松井稼頭央外野手が11日、東京都内で自主トレーニングを公開した。昨季は56試合とプロ入り後最少の1軍出場にとどまり、打率2割1分3厘、2本塁打、13打点と不振にあえいだ。プロ野球、大リーグを通じて24年目の41歳は「100試合以上に出たい」と今季に復活を懸ける。

 後輩の選手らとダッシュやキャッチボールで体を温めた。感触は「この時期としては(状態は)悪くない」。今回初めて一緒に自主トレをする18歳下の北川外野手が「僕らと同じ練習量をこなすのがすごい」と驚くほど、動きは軽快だった。「1試合でも多く出場するための体をつくりたい」と、昨年末からは瞬発力強化を目指してゴムチューブを使って体を鍛え...    
<記事全文を読む>