今季飛躍が期待されるスラッガーだ。オリックスの吉田正尚(まさたか)外野手(福井・敦賀気比高出身)が福井県内で始動し、抱負を語った。昨季は腰痛で春から長期離脱したが、球団31年ぶりの新人2桁本塁打となる10本塁打をマーク。2年目の今季は「全143試合出場」を掲げて挑む。

 1月3日、中学時代に在籍した鯖江ボーイズの室内練習場(鯖江市)で今年“初練習”した。ティー打撃では、鋭い打球と大きく振り切る動作を披露。中学生らの視線をくぎ付けにした。

 173センチと小柄だが、1年目は63試合の出場で打率2割9分、10本塁打。最終戦は4番を務めた。「少しはインパクトを残せたかな」と振り返る一方、「けがし...    
<記事全文を読む>