昨季限りで現役を引退した元横浜DeNAの三浦大輔氏(43)が11日、東京都内のホテルで開かれたプロ野球の新人研修会で講義し、25年間の現役生活を振り返りながら「1年目の気持ちを忘れず、もっとうまくなりたいという気持ちを常に持って挑戦してほしい」と12球団の新人選手にエールを送った。

 1992年に奈良・高田商高からドラフト6位で入団し、プロ野球記録に並ぶ23年連続勝利を挙げるなど球界を代表するプレーヤーに上り詰めた。「せっかくこの世界に入ったからには何千万、何億円を目指してほしい。僕は(野球で)欲の塊だった。欲があれば頑張れる。自分の武器を見失わず、一日一日を無駄にしないように」とアドバ...    
<記事全文を読む>