プロ、アマ合同の日本野球規則委員会が11日、東京都内で開かれ、併殺阻止を狙った危険なスライディングを禁止するための規定が、公認野球規則に追加されることが決まった。昨年の米大リーグでのルール変更を受けた改正。日本野球機構の井野修・審判技術委員長は「選手の安全第一のためにやる」と理由を話した。

 新規定では、滑り込んだ後もベースにとどまろうとするなど正しいスライディングの方法を明記。走路を変えたり、脚を出したりするなどして野手の送球を妨げるプレーを取り締まる。全ての塁上で適用され、違反した場合は守備妨害として打者走者とともにアウトになる。

 プロ野球で昨季導入された本塁上での衝突を禁止するコリ...    
<記事全文を読む>