千葉ロッテの新人合同自主トレーニングが10日、ZOZOマリンスタジアムで始まり、ドラフト1位の佐々木千隼投手(桜美林大)ら育成を含む9選手がランニングやキャッチボールなどで体を動かした。

 佐々木はプロとしてスタートを切り「いい緊張感で練習できた」と振り返った。約10分のキャッチボールではバランスを意識したといい「どうしても力が入ると思うので、けがに気をつけてやっていきたい」と表情を引き締めた。

 3位の島孝明投手(東海大市原望洋高)はスタンドをほぼ一周した階段上り下りで先頭を走り、「ちょっと脚が上がらなくなってきた」と苦笑い。この冬は「ブルペンの感覚をなくしたくない」と週に3回ぐらいのペ...    
<記事全文を読む>