昨季のドラフト1位でプロ2年目の飛躍を誓う上原健太投手が10日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設での自主トレーニングを公開した。大谷翔平投手は屋外球場でキャッチボールやランニングなどを行った。

 巻き返しを期す勝負の1年だ。チームが日本一に輝いたシーズンで、わずか1試合の登板にとどまった昨季ドラフト1位の上原。「優勝して、うれしいのか、うれしくないのか分からなかった。戦力として使ってもらえることを目指す」。静かに闘志を燃やす。

 年末年始は古里の沖縄などで体を動かし、鎌ケ谷で練習するのは今年初めて。同期入団の井口とともにランニングと約80メートルの遠投を行った。

...    
<記事全文を読む>