東北楽天の新人合同自主トレーニングが9日、仙台市のコボパ宮城で始まった。ドラフト1位の藤平尚真投手(18)=神奈川・横浜高=ら育成4人を含む新人14選手が初めて本拠地球場で練習に汗を流した。

 昼食を挟んで午前、午後の4時間以上にわたって練習した。キャッチボールや守備練習のほか、20メートル間隔を反復する名物の持久走(シャトルラン)も行った。50本すぎくらいから脱落する選手が相次いだ中、3位の田中和基外野手(22)=立大=が128本で1位になった。

 練習後、「きつかった」と語る選手が多かった。2位の池田隆英投手(22)=創価大=も少し疲れた表情だったが、「早くこの環境に慣れて、総合的に力...    
<記事全文を読む>