新人合同自主トレーニングを視察した梨田昌孝監督はドラフト1位の藤平尚真投手(18)=神奈川・横浜高=について、「二刀流というか、野手でもいけそう。グラブさばきや身のこなしは非常にいいものを持っている」と称賛した。

 藤平はシャトルランで14選手中5位の110本ながら、ノックなどで軽快な動きを披露。「つらいメニューもあったが、みんなで声を出して乗り切れた。しっかりボールを投げられる体でキャンプに臨めるよう、頑張りたい」と話した。

 キャンプで1、2軍どちらかに振り分けるかは、21日のスタッフ会議まで様子を見て判断する見通し。梨田監督は「まだ高卒1年目。開幕から(1軍で)というより、夏以降に登...    
<記事全文を読む>