日本ハムは9日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で新人合同自主トレーニングを行った。ドラフト1位の堀瑞輝投手(広島新庄高)、同2位の石井一成内野手(早大)、オホーツク管内佐呂間町出身の同8位の玉井大翔投手(新日鉄住金かずさマジック)ら8人が参加し、キャッチボールやティー打撃などで汗を流した。練習を見守った栗山監督は「このワクワク感が幸せ。ドラフトが終わって、ここまでしっかり準備してくれて、体のバランスも良く安心した」と話した。

 昨季日本一に輝いた日本ハムのドラフト1位新人だけに、堀は栗山監督やコーチ陣、報道陣の視線を一身に集めた。初日のメニューを終えると、「意識しないようにしたけれど、意識して...    
<記事全文を読む>