横浜DeNAベイスターズに2017年シーズンから加入する新人選手の合同自主トレーニングが9日、横須賀市の球団総合練習場で始まった。16年のドラフトで指名された10選手(育成1人含む)がプロとしての1歩目を記した。

 時折小雨が混じるあいにくの天候となったが、やや緊張の面持ちをした10選手は午前10時前にグラウンドに姿を現した。ラミレス監督も激励に訪れ、始動前のに選手に向け「ルーキーの君たちにとって今日が始まりの日。お願いは一つだけ。自分自身を高めることにこだわってほしい。それが結果としてチームの助けになる」と言葉をかけた。

 予定していた内野ノックはグラウンド不良のため室内に変更されたが、...    
<記事全文を読む>