【栗山】プロ野球北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が7日、町内の継立まつば保育園と栗山いちい保育園でそれぞれ絵本の読み聞かせを行い、園児たちに食事や運動、睡眠の大切さを伝えた。

 日ハム選手たちがストーリーを考えた絵本の第2弾「もりのやきゅうちーむふぁいたーず つよさのひみつ」(北海道新聞社刊)を取り上げた。栗山監督は第1弾と同様、クマ役で登場する。

 このうち園児約30人が参加した継立まつば保育園では、栗山監督の朗読に合わせて町民有志3人が寸劇で絵本の場面を再現。栗山監督は「朝ごはん食べたかな」「しっかり寝たかな」などと語りかけながら、絵本を読み聞かせていた。(田中雅章)
<記事全文を読む>