新春恒例の「豊かな埼玉をつくる県民の集い―2017年新年賀詞交換会」が6日、さいたま市浦和区のロイヤルパインズホテルで行われ、県内のプロスポーツ界をリードするJ1浦和、大宮、プロ野球埼玉西武、Bリーグ埼玉の首脳陣が、新たな一年へ向けてそれぞれの展望と決意を述べた。

 3年連続のBクラスで昨シーズンを終えたプロ野球埼玉西武ライオンズの居郷肇球団社長は「応援していただいたファンの皆さまに申し訳ない。心機一転、やり直す」と奮起を誓った。

 今季は辻発彦新監督を迎え、巻き返しを図る。「浅村、秋山が中心バッターに育った。あとは、中村がホームラン王を取るくらいやってもらえれば」と、昨年はけがで不本意な...    
<記事全文を読む>