◆大谷「うまくなるだけ」 日本ハムの大谷翔平選手が6日、千葉県鎌ケ谷市内で報道陣に自主トレーニングを公開した。3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも活躍が期待される22歳は、「1試合1試合、無心でやっていく」と抱負を口にした。

 投打の二刀流らしく、マシン打撃やネットスローなどで汗を流した。プロ野球開幕の約3週間前にWBCが始まるため、「(調整を)1カ月ぐらい早める」と設定。この日は米ローリングス社製のWBC使用球を使わなかったが「投げたときの感覚が違う」といい、今後本格的に取り入れていくという。

 昨季は3年連続の2桁勝利とキャリアハイの22本塁打を記録し、10年ぶりと...    
<記事全文を読む>