プロ野球北海道日本ハムの栗山英樹監督は5日午前、東京都内にある親会社の日本ハム東京支社で行われた日本ハムグループの年頭式典で、「連覇に向かって、前に進んでいきたい」と、球団史上初となる2年連続の日本一へ向けた意気込みを語った。

 式典には約千人が出席。末沢寿一本社社長(球団オーナー)は「栗山野球から勉強させてもらった。既成概念にとらわれず、長期のペナントレースと短期決戦で戦い方が全く違った。長い先の仕事と目の前のことを考えて動く事業と一緒」とあいさつした。

...    
<記事全文を読む>