プロ野球の阪神からドラフト7位指名を受けた長坂拳弥(東北福祉大、健大高崎高出身)の入団祝賀会が4日、生まれ育った群馬県富岡市内の式場で開かれ、恩師や同級生ら約150人が集まり、晴れの門出を祝った。

 保育園から小中高校とゆかりの人たちがエールを送り、健大の青柳博文監督は「プロでも謙虚に、ひた向きに頑張ってほしい」、岩井賢太郎市長も「活躍して来年はぜひ観光大使になって」と期待を込めた。

...    
<記事全文を読む>