那珂川町出身でプロ野球に進む星知弥(ほしともや)選手(22)=ヤクルト=と石井一成(いしいかずなり)選手(22)=日本ハム=の祝賀会(町野球連盟主催)が3日、同町内で開かれ、同級生、町民ら約120人が2人の門出にエールを送った。

 2人は同級生。学童野球、高校、東京6大学リーグでライバルとして、しのぎを削った。星選手は馬頭ラッキー、宇都宮工高、明治大、石井選手は小川那珂クラブ、作新高、早稲田大で活躍した。ともに昨年、ドラフト2位指名された。

 星選手が「石井君とプロに入っても対決でき、これからも頑張っていきたい」。石井選手は「星君とプロ野球を盛り上げていきたい」と抱負を述べた。
...    
<記事全文を読む>