広島東洋カープを昨季限りで引退した黒田博樹氏(41)と、チーム最年長となった新井貴浩選手(39)が新年にあたって、広島市南区のマツダスタジアムで対談した。広島を25年ぶりのリーグ制覇に導いた2人の「カープ愛」や野球観、これからのチームへの期待を語り合った。

...    
<記事全文を読む>