バレーボールV・プレミアリーグの岡山シーガルズの活動を陰で支える若手女性スタッフ2人にインタビュー。日々の食事の献立を考え、調理している管理栄養士の山口舞子さん(25)と、入って3カ月になる斉藤桃子さん(24)に、仕事のやりがいや今後の目標を聞きました。-2人の仕事内容を教えてください。山口 選手が寮で食べる朝昼晩の食事の献立と食材の仕入れを担当しています。昼食は、斉藤さんやマネジャーと一緒に作っています。シーガルズでは初めての管理栄養士になります。斉藤 私は10月に入ったばかりで、まだ“修行の身”です。山口さんとご飯の準備や、練習でボールを拾ったり渡したり、ドリンクの準備をするマネジ...    
<記事全文を読む>