バレーボールV・プレミアリーグ女子の岡山シーガルズは21日、高校の全日本高校選抜メンバーで岩手・盛岡誠桜高3年のアタッカー渡辺真恵をはじめ、いずれもセンターの大分・東九州龍谷高3年田口絢佳、大阪国際滝井高3年高柳萌の入団内定を発表した。

 サウスポーの渡辺は172センチと小柄ながら跳躍力に優れ、高校ではエースとして高い打点からの強打で活躍。179センチの田口は高さとスピード、176センチの高柳はブロック力が持ち味。

 シーガルズにはこのほか、中京大4年のセッター高田茉優、東九州龍谷高3年のレフト吉岡美晴の入団が既に内定している。5人は来年4月の正式入団を前に内定選手として今季リーグから出場...    
<記事全文を読む>