バレーボールの全日本選手権第2日は17日、東京体育館で2回戦が行われ、男女ともに初戦となったプレミアリーグ勢が勝ち上がり、8強を占めた。

 女子は岡山シーガルズが筑波大に3―0で快勝したほか、5連覇を狙う久光製薬はフルセットの末、チャレンジリーグの上尾メディックスに競り勝った。東レは福岡大にストレート勝ちし、PFUは誠英高(山口)を3―1で下した。

 男子は前回優勝の豊田合成が福山平成大に3―0で、ジェイテクトは大学王者の中大を3―1で下し、準々決勝に進出した。

...    
<記事全文を読む>