バレーボールV・プレミアリーグ女子は10日、川崎市とどろきアリーナなどで4試合があり、岡山シーガルズは3位NECに1―3で敗れ、3連敗。4勝8敗の勝ち点12で順位は7位のまま。

 首位久光製薬はPFUに、2位日立はJTにいずれもストレート勝ちし、5位トヨタ車体は6位東レを3―1で退けた。NEC3―1岡山シーガルズ14―2525―1925―1725―17NEC 8勝4敗(23)岡山シーガルズ 4勝8敗(12) 【評】岡山シーガルズは逆転負け。第2セットは6―5からサーブミスを機に4連続失点で流れを手放し、第3セットは4―7から12―11ともり返しながら、ここから5連続失点し、突き放された。...    
<記事全文を読む>