プレミアリーグ バレーボールのプレミアリーグ女子は10日、2会場で4試合を行った。佐賀市の県総合体育館で開いた佐賀大会では、久光製薬スプリングス(鳥栖市)がPFUブルーキャッツを3-0のストレートで破り、通算成績9勝3敗(勝ち点28)で首位を守った。日立リヴァーレ-JTマーヴェラスは日立が3-0で勝利、通算9勝3敗(勝ち点27)の2位で久光製薬を追う。

 久光製薬は第1セットを接戦の末に制すると、第2セット以降も長岡望悠、石井優希、新鍋理沙を中心に得点を重ね、PFUを振り切った。

 試合に先立ち、リオデジャネイロ五輪で5位入賞した日本代表メンバーの長岡、石井、座安琴希(フランス・RCカンヌ...    
<記事全文を読む>