バレーボールのプレミアリーグ女子佐賀大会は10、11日の両日、佐賀市の県総合体育館で4試合を行う。ホームゲームとなる久光製薬スプリングス(鳥栖市)は10日にPFUブルーキャッツ、11日に日立リヴァーレと対戦。地元の声援をバックに、連勝でリーグ2連覇へ弾みをつけたい。

 久光製薬は8勝3敗、勝ち点25で現在首位。アタック決定率と決定本数、ブロック決定本数ともにリーグトップと好調だ。9日は同体育館でエースアタッカーの長岡望悠や石井優希らが戦術や連携プレーを確認。主将を務める長岡は「ホームゲームはたくさんのエネルギーをもらえる。プラス要素を力に変えて一本一本しっかり集中したい」と意気込みを示し...    
<記事全文を読む>