バレーボールVリーグ男子のチャレンジリーグ1(2部相当)は4日、下伊那郡高森町民体育館などで4試合を行った。4位(勝ち点11)のVC長野トライデンツは7位(勝ち点2)の埼玉アザレアと対戦し、3―0でストレート勝ちした。VC長野は勝ち点3を獲得。3回戦総当たりの1巡目を終え、通算4勝3敗で3位に浮上した。

 VC長野は第1セットをオソキン、森崎のクイック攻撃を中心に25―16で奪うと、第2セットは栗木のサーブで相手を崩すなどして25―19で連取。第3セットは埼玉に粘られて24―23までもつれたが、最後はレフト栗木のスパイクで決めた。

 VC長野の次戦は10日。大分市コンパルホールで7位(勝ち...    
<記事全文を読む>