バレーボールV・プレミアリーグ女子は3日、大津市のウカルちゃんアリーナなどで4試合があり、岡山シーガルズは最下位PFUに0―3で敗れた。勝ち点は12のままで、順位を5位から6位に下げた。

 3位のJTを3―1で破ったトヨタ車体が5位に浮上した。4位NECは首位久光製薬をフルセットの末に下し、2位日立は東レにストレート勝ち。PFU3―0岡山シーガルズ25―2325―1825―20PFU 2勝8敗(6)岡山シーガルズ 4勝6敗(12) 【評】岡山シーガルズは攻守に精彩を欠いて完敗。川畑愛の連続得点で23―23と追いついた第1セットを落とすと、第2セット以降は流れをつかめなかった。リベロ森田が...    
<記事全文を読む>