バレーボール女子のクラブチーム・ヴィクトリーナ姫路は4日、兵庫県姫路市西延末のウインク体育館で、地元ファン向けのイベントを初めて開く。竹下佳江監督ら元日本代表選手が集結し、チームのゼネラルマネジャー(GM)に就任した真鍋政義・元日本代表監督も登場。全国選抜の女子中学生チームの試合や、兵庫県出身歌手の応援ライブなども予定されている。

 競技の普及を図ろうと、竹下監督を中心にロンドン五輪銅メダリストらがユニット「ヴィクトリーナドリームス」を結成。「ツアーオブバレーボール」と銘打ち、8月から全国20カ所でバレー教室を開催してきた。

 ドリームスの井上香織さんや大友愛さんらを監督に、西日本や北海道...    
<記事全文を読む>