バレーボールV・プレミアリーグ女子5位の岡山シーガルズは第6週の3、4日、大津市のウカルちゃんアリーナで8位PFU、7位東レと対戦する。下位チームから確実に白星を挙げ、上位浮上へ弾みを付けたい。

 前週は地元で上位勢と互角に渡り合った。JT戦は勝負どころの決定力を欠いて1―3で敗れたものの、宮下が「勝てるチャンスがあった」と振り返るように、堅守で接戦に持ち込んだ。日立戦では守備に加えて緩急をつけた攻撃が機能し、3―1で勝利。持ち味を発揮できれば十分に戦える手応えを得た。

 3日に当たるPFUは3―0で快勝した1巡目同様、エース江畑をきっちり抑えたい。4日は前回ストレート負けを喫した東レで、...    
<記事全文を読む>