二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場の計画見直しで、横浜市は一日、「国内外の競技団体や国際オリンピック委員会(IOC)の意向が一致していることが重要」とする文書を、先月二十五日付で東京都に提出していたことを明らかにした。

 東京都の小池百合子知事は「横浜アリーナ」(横浜市)の活用を模索するが、競技団体は新設の「有明アリーナ」(東京都江東区)での開催を強く求めている。横浜市は二つの立場の板挟みを避け、仮に横浜アリーナでの開催が決まっても競技団体と良好な関係を維持するため、文書で配慮を求めた形だ。

 文書は「横浜市の考えについて」と題し、十一月二十五日に都の関係部局に提出。「大...    
<記事全文を読む>