関西学院大学(兵庫県西宮市)の女子ラクロス部が、18日に東京都で行われた社会人チームを含む全日本選手権で、明治大学(大学2位)を破り、22年ぶりの全国優勝を果たした。同部主将の成地(なるぢ)夏美さん(22)は「関学の方が、一人一人のゴールに向かう気持ちが強かった」と快挙を喜んだ。

 「とにかく攻めのチームだった」。住田行志(こうじ)監督(41)は今年のチームをこう評価する。昨年、全日本選手権の前にあった学生選手権の決勝で、明治大に後半で5点差をひっくり返され、6-7で逆転負けした。成地さんは「後半にディフェンスのキーマンを抑えられ、対応できなかった」と振り返る。

 明治大はその後の全日本選...    
<記事全文を読む>