■車いすテニス強化指定選手 佐賀県に、世界の頂点を目指す車いすテニスプレーヤーがいる。西九州大学1年の大谷桃子さん(21)=佐賀市。テニスに明け暮れた高校を卒業後、一度は退いた競技者としての道。車いすテニスに出合い、7カ月で頭角を現した。四大大会の頂点、さらには4年後の東京パラリンピック出場を目標に汗を流す。

 大谷さんは栃木県出身。地元のテニスクラブに通っていた三つ年上の兄、悠馬さんの影響で、小学3年のころに競技を始めた。めきめきと力をつけて強豪の作新学院高校に進学し、3年生の時には個人ダブルスで全国総体に出場した。

 卒業後、テニスのアシスタントコーチや個人的なレッスンは続けたが、「一線...    
<記事全文を読む>