世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王座決定戦は31日、岐阜メモリアルセンターで行われ、元WBOミニマム級王者の田中恒成(畑中、中京高出)がモイセス・フエンテス(メキシコ)と対戦する。進化し続ける“中京の怪物”が2階級制覇に挑む。

 今年4月に「新しいことにどんどんチャレンジしていきたい」と日本最速となる5戦で獲得したミニマム級のタイトルを返上。年内に2階級制覇を目標に練習に取り組んできた。

 5月のノンタイトル戦で6回KO勝ちを収めたが右拳を負傷。7カ月の期間が空いたが、バンテージの巻き方を変えるなどケガ防止の意識が高まった。昨年の大みそかには苦しんだ減量も脂肪率を意識して、余裕を...    
<記事全文を読む>