全日本実業団対抗駅伝は来年元日、前橋市の群馬県庁前発着の7区間、100キロに37チームが参加して行われる。本県の旭化成は31年連続54度目の出場。有力新人が多数加入しチーム力が大幅に上がって臨んだ前回は、期待されながらも7位。ことしの轍は踏まないと各選手の気は引き締まっており、18年ぶりの優勝を目指してたすきをつなぐ。

...    
<記事全文を読む>