【東京支社】ボクシングのダブル世界戦(30日、東京・有明コロシアム)の調印式と記者会見は28日、東京都内で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(あきら)(大橋、黒沢尻工高-拓大)は「自分らしい試合をしたい」と2度目の防衛へ意気込んだ。

 33歳の王者は調印とグローブチェックを落ち着いて行い、淡々と質問に答える姿からは余裕と静かな闘志が感じられた。

 5月の初防衛戦前に左肩を痛めた影響で約8カ月ぶりの試合となる。試合間隔が空いたことには「けがの治療を含め、できることを精いっぱいやってきた。いろいろなことができて充実した期間だった」と答え、再発防止と強化を合わせたトレ...    
<記事全文を読む>