大相撲の横綱審議委員会の稽古総見が二十八日、東京・両国国技館相撲教習所であり、七尾市出身、東前頭十一枚目輝(22)=高田川部屋=が幕内上位相手に力強くぶつかった。

 輝は西小結栃ノ心(29)=春日野部屋=などと六番をこなし、二勝四敗。立ち合いから激しくぶつかり、勢いよく相手に突っ張りを繰り出す場面もあった。輝は「今日は手応えのある相撲がとれた。この勢いのまま来年の初場所に臨みたい。初場所では二桁以上勝ちたい」と話した。

 初場所の初日は一月八日。

 (岡本真穂)

...    
<記事全文を読む>