中学生ハンドボールの第25回JOCジュニアオリンピックカップ大会最終日は27日、沖縄県の浦添市民体育館で決勝があり、県選抜男女がアベック優勝を飾った。男子は4年ぶり2度目、女子は12年ぶり3度目の栄冠。

 決勝は男女ともに九州勢対決となった。福岡と対戦した男子は序盤からシーソーゲームを展開し、10―10で折り返した。後半の立ち上がりに3点リードを許したが残り5分で逆転し逃げ切った。

 熊本と対戦した女子も接戦となった。常に先手を取り続け、前半を11―9でしのいだ。後半は点差を詰められる場面もあったが、守備が踏ん張り相手の追撃をかわしてリードを守りきった。

 【男子】 ▽決勝大 分 20―19...    
<記事全文を読む>