ホッケーの中国・四国・九州高校新人大会最終日は27日、広島市安佐南区の広島広域公園第二球技場などであり、男女とも横田(島根)が制した。男子は岡山選抜との決勝を4―1で勝ち、4年連続19度目の優勝を飾った。女子は3チームで争った順位決定リーグで2連勝し、5年連続26度目の頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>