【東京支社】国際ボクシング連盟(IBF)世界ライトフライ級タイトルマッチ(30日・有明コロシアム)の予備検診が27日、東京都内で行われ、2度目の防衛を狙う王者の八重樫東(あきら)(大橋、黒沢尻工高-拓大)と、挑戦者でIBFミニマム級8位のサマートレック・ゴーキャットジム(タイ)は異常なしと診断された。八重樫は「状態はいい」と順調な仕上がりに自信を示した。

 身長は5センチ、リーチは1センチ、八重樫が上回った。自身より大きな相手との試合が多かった八重樫は「珍しいが、数値にはとらわれない」と気を引き締め、ジムの大橋秀行会長は「やりやすいと思うので持ち味が出せるのでは」と期待した。

 5月の世界...    
<記事全文を読む>