二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの開催費用を巡って、東京都の山本隆副知事=写真(左)=が二十七日、埼玉県庁に塩川修副知事=同(右)=を訪ねた。山本副知事はサッカーやバスケットボールなど県内四会場の仮設施設の整備などについて、年明けからの協議開始を申し入れ、塩川副知事も了承した。ただ、塩川副知事は仮設施設の整備費用を大会組織委員会が負担するとした招致時の原則を守るよう求めた。

 競技会場整備の協議については小池百合子都知事が二十六日、開催自治体の首長に対して打診した。

 山本副知事は「施設をどういうスペック(仕様)にするかや(人員など)ソフトの経費が未確定なので、しっかり共有することからス...    
<記事全文を読む>