25日まで大阪府で行われたフィギュアスケートの全日本選手権で、岡山勢男子が相次ぎ活躍した。田中刑事(倉敷芸科大)は準優勝し初の世界選手権(来年3~4月・ヘルシンキ)切符を獲得、無良崇人(洋菓子のヒロタ、翠松高出)は3位に入り、ジュニア勢も躍進した。大会を振り返る。

 「自分の演技でミスしたところが浮かんでくる。悔しい気持ちの方が大きい」。田中はショートプログラム(SP)3位から2位に浮上し、全日本初の表彰台に立ったが、満足感はなかった。

 フリー最初の4回転サルコーを完璧に決めたものの「きれいに降りすぎて、次のイメージが湧かなくなった」と続く4回転トーループが3回転サルコー、トリプルアクセ...    
<記事全文を読む>