県は26日、2019年秋に日本で開かれるラグビーワールドカップ(W杯)の公認チームキャンプ地に選ばれるよう長崎、諫早、島原3市とそれぞれ共同で、大会を運営する組織委員会に申請したと発表した。来秋以降にキャンプ地になるかが決まる見込み。

 試合会場となる12都道府県に福岡、熊本、大分3県が入っており、県スポーツ振興課は「選ばれる可能性はある。経済効果やラグビー振興につなげるため選定してほしい」としている。

 同課によると公認チームキャンプ地は、出場20チームが大会期間中に滞在する場。長崎、諫早、島原3市と練習場の環境などが基準に合うか協議し、受け入れ可能と判断した。3市それぞれが県と連名で2...    
<記事全文を読む>