テニス女子の島津製作所がこのほど開幕した日本リーグの前半戦で3連勝を飾り、4連覇に向けて好発進した。今季は10月の三菱全日本選手権で単複2冠を達成したプロの大前綾希子(京都市右京区出身)が好調。チームを長年支えてきたベテラン2人が今春引退したが、インカレ個人優勝経験のある梶谷桜舞(ろぶ)と西本恵が加わり、新しい風を吹き込んでいる。

...    
<記事全文を読む>