ノルディックスキー複合の全日本コンバインド大会は25日、北海道名寄市で行い、男子はワールドカップ(W杯)で個人総合5位につける渡部暁斗(北野建設)が前半10位から後半距離で逆転して優勝した。女子は宮崎彩音(野沢温泉中)が前半ジャンプのリードを守りきって2連覇した。

 男子は同市で合宿中のナショナルチームメンバーの大半が出場。渡部暁は条件に恵まれなかった前半飛躍(ヒルサイズ=HS100メートル)で出遅れたが、トップと38秒差でスタートした後半距離(10キロ)は折り返し前に先頭に立ち、その後、独走態勢をつくって貫禄を示した。山本涼太(早大・飯山高出)が6位、渡部善斗(北野建設)が7位に入るな...    
<記事全文を読む>