県スポーツタレント発掘事業「YAMAGATAドリームキッズ」のU―15アスリートキャンプが24、25日の2日間にわたって天童市の県総合運動公園で開かれ、メンバーが五輪選手からトレーニング方法などの手ほどきを受けた。

 3~5期生の小中学生約60人が参加。25日はリオデジャネイロ五輪重量挙げ女子53キロ級6位の八木かなえ選手(ALSOK)がバーベルを使ったパワートレーニングを指導した。高校生になると増えるウエートトレーニングを効果的にする狙いがあり、八木選手は「肘の返しを速く」「脚の力を使って」などのこつを伝授した。

 アンチドーピング講座も行われ、県薬剤師会アンチドーピング委員会の田中久美...    
<記事全文を読む>